ウィル個別のこと


Where there is a will, there is a way.
意志のある所に、道は開ける・・・~

 どんなに困難な道でもそれをやり遂げる意志さえあれば必ず道は開けるという言葉です。足を踏み出すことをためらっている時、困難にぶつかって折れかけている時、思い出したい言葉です。ウイル個別指導塾を開校する際に、塾名にウィル(willをいれようと考えたきっかけの言葉でもあります。『will』は未来を表す助動詞であるのと同時に意志という意味も持っています。

 未来のある子供たちが、未来』の夢・目標・やりたい仕事などの未来への意志を持ったときに、その意志を実現できるよう、また子供たちの将来の選択肢を広げることができるように、学力の向上はもちろんのこと、主体的に学ぶ姿勢・自ら学ぶ力を身に付けもらいたいと考えています。縁があって人生の一部に関わることになった生徒達に、卒業後・成人後の人生をずっと幸せに生きていってもらえるよう、日々精進していきたいと思います。

 

 

ウィル個別指導塾 塾長

木村 貴雅

学生時代から集団塾講師、地域密着型の個別指導塾、難関校進学型の個別指導塾などで教室長・エリアマネージャーの経験をし東大和市にウィル個別指導塾を開校致しました。これまでに2000人以上の生徒を指導してきた経験をいかし、理想的な個別指導塾にウィル個別指導塾を成長させていきます。

【過去の指導実績】

=中学受験=

国立:東京学芸大附属世田谷中学校

 

都立:桜修館中等教育学校・武蔵高等学校附属中・南多摩中等教育学校

 

私立:青山学院中等部・青山学院横浜英和中・上野学園中・大妻中・大妻多摩中・大妻中野中・恵泉女学園中・工学院大学附属中・麹町学園女子中・佼成学園女子中・国学院大久我山中・駒場東邦中・品川女子学院中等部・昭和女子大学附属昭和中・田園調布学園中等部・東海大菅生中等部・日本女子大附属中・広尾学園中・明大中野八王子中・明法中・八雲学園中・山手学院中・山脇学園中・早稲田大高等学院中・早稲田実業中 など

 

=高校受験=

国立:筑波大学附属駒場高・東工大附属科学技術高

 

都立:青山高・秋留台高・青梅総合高・小金井北高・国分寺高・小平南高・小平西高・狛江高・駒場高・小山台高・昭和高・上水高・神代高・立川高・田無高・戸山高・西高・日野台高・八王子桑志高・東大和高・東大和南高・日比谷高・富士森高・府中高・福生高・保谷高・瑞穂農芸高・武蔵村山高・武蔵野北高

 

私立:青山学院高等部・麻布大学附属高・錦城高・工学院大附属高・国学院高・国学院久我山高・駒澤大学高・昭和第一学園高・成城学園高・拓殖大第一高・中央大学附属高・東亜学園高・東海大菅生高・東京女子学院高・日女体大二階堂高・日本大学櫻丘高・日本大学鶴ケ丘高・日本大学第三高・明大中野八王子高・本郷高・明星高・早稲田実業高等部 など

 



【開校時間中いつでも無料で使える自習席完備】

 『家では勉強に集中できない。』 『テレビやスマートフォンの誘惑に勝つことができない。』など、様々な要因で家庭での勉強に集中できていない小中学生が多いです。そんな小中学生は入塾後ぜひ自習席を活用してください。

 

1.毎日の学校の宿題になかなか自宅では取り組むことができない小学生。

2.毎日部活後に塾に来て、毎日の宿題をやってから帰宅する中学生。

3.定期テスト前には放課後すぐに塾に来て、テスト勉強をしたい中学生。

 

自習席の有効活用方法は様々です。どんどん自習席を活用しましょう。

【先生1人に生徒2人までの個別指導】

 先生1人に生徒2人の個別指導での授業を基本としています。わからない内容をきちんと質問し、「わからない→わかる→できる」のサイクルを最も作り出すことができる指導形態です。解説・説明を2人に同時に行わないので、説明中はマンツーマンになります。

 

 個別指導塾には様々な指導形態の塾が存在します。1対3以上では、1人当たりの指導時間が十分ではありません。1対1では、講師に対する依存が高くなり、自立することが難しい指導形態であり、かつ費用がかかります。様々な指導形態の個別指導塾を経験し、最適な指導形態が1対2の指導形態であると考え、基本コースとさせていただきます。